結婚したので、これを機に、今までの愛

中古車の査定をネットでしてみるつもりで各業者のサイトを巡って
結婚したので、これを機に、今までの愛車だった車を売って、大型の車に買い換えました。きっと軽自動車なんて売っても、たいしたお金にはならないだろうと思っていたのですが、査定に出してみたら驚いてしまいました。想像していたよりも大分提示された買取価格が高かったのです。買取業者の話では、軽自動車は人気があるので、そのように良い値段で引き取ってくれるんだそうです。



査定の際には、以下の三点が大切です。
まず、一カ所からの査定だけで契約するのは損です。


周りの人の話や、一括査定サイトで、可能な限りの買取業者を比べて損はありません。

事前の見積もりと現物査定に差が出ないよう、車の内外を清掃をしておくのがベターです。

また、少なくとも車検証と納税証明書がないと査定を受けられないので、忘れず準備しておきましょう。車を売るときに気になることといえば不動でも買い取ってもらえるのかと言う話です。


大規模な店舗ではありえないかもしれませんが、いまどき車の中のパーツは注目されていて他の国向けに輸出されているんです。だから、走らなくなった車でも買取してくれるところがあります。車査定を受けるのにいい時期は、一般的にベストは3月だとされているようです。


どうして3月が良いのか気になりますよね。調べたところ、生活環境が一新する4月は、車が必要になる人が多くなり、中古車市場が大きく動く時期だからです。買取需要が増えますから、買取価格も他の時期より少しは高額での交渉が可能になるでしょう。忘れてしまいがちですが、自動車税の関係もありますから、3月中に査定も売却も終わらせてしまうというのが良いと思います。
個人売買だと問題が起こりやすいですが、車査定だとトラブルを心配しなくてすみます。

個人売買の際には、車を渡したのに、お金は未払いであったり、代金を支払ったのに車を渡されないという危険性があります。

売却が終わった後に購入者からクレームがくることもよくあります。動かない自動車がどの買取業者にも売れるとは断言できません。
買取りを断る中古車買取業者もあるので、用心してください。

逆にいうと、走らない車、事故に遭った車、水没した車などを、どんどん買い取ってくれるような専門業者もあるのです。
専門業者に買ってもらえれば、無価値に思える車でも、高値で売れる可能性は残っているのです。


車の買い換えですが、最近では、専門の買い取り業者に車の査定を頼む人が大勢います。


ところで一つ気にしておきたいことがあり、売りたい車の事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。


売買契約時に店と契約書を交わします。

そこに記載されている買取査定規約を見てみると、事故歴の把握をしているのなら申告の義務があるとされています。

ですから、事故歴を知っていて隠していた場合は、契約成立してからや、買い取りが済んでいてさえ業者側からの事後減額要求が可能とされており、くれぐれも事故歴の申告を怠ってはいけません。



車を査定に出すとわかりますが、買取業者によってその額は異なります。


納得のいかない値段で売ってしまうことのないよう、業者をあわてて決めずに見積もりをいくつもの業者から出しておいてもらうことをおすすめします。
ただし、ネットを利用して手に入れた見積もりと実際に出る査定額とは往々にして異なるものですので、その点は用心しておくのがよいでしょう。

残念な事ですが、高い見積額で客を釣っておいて、査定額は格安にしてしまうという不良業者もいて問題になっています。